スケジュール

Keiko Fujita exhibition 「SPILL」

Keiko Fujita exhibition 「SPILL」

作家:藤田 圭子
会場:shirasagi/白鷺美術 2F
期間:11月15日(金) ~11月24日(日) /20時~24時(金,土,日曜は13時~18時 開催)
在廊 : 11月15日(金) ,16日(土), 17日日(日),22日(金) ,23日(土) ,24日(日)/13時~18時
11月17日(日) 16時~17時
opening party : 11月17日(日)  / 17時~19時
talk & response:川崎 淳与 × 藤田 圭子
food :小津 絢子
※11月24日(日)19時からはKita Akira演奏会のため、
チケットご購入のご来場者のみの閲覧となります。
*********************************************************************************************
keicofujitaとしての私と、藤田圭子。制作に向かう気持ちが 少し違う。そして、考えていることは 纏らなくて悩ましく、 いつも頭のなかでぐるぐるしています。dodoの制作を始めて から、国内、海外の大きな展 示会に出展したことによって、たくさんの方々が愛用して下さっています。とても刺激的です。世界中の人に同じスタイルのアイテムをお届けする為 のレシピのあるデザインはkeicofujita。それとは違う、レシピのないデザインは藤田圭子、かな。それは、素材と向き合いその時の想いから生まれるもの 。悩ましくもあるけれど、これも魅力的です。トライしてみたいことはたくさんあり、コンセプトを決めようとしても収まらなくて、どうしても、あふれて、こぼれ落ちてしまいます。
そこで、spill (スピル)“ あふれる、こぼれ落ちる”がこの度の(NO)CONCEPT です 。
特別な日曜日・11月17日
2018年から協力いただいているチームから提案された作品写真。ぼんやりとしていた私のイメージが見事に表現されています。彼らのクリエーションを1Fの大きなスクリーンで上映いたします。そして、トークセッション。ギャルリーワッツ(東京 / 青山)オーナーの川崎淳与さんをお迎えいたします。制作に向かう 16 気持ち、人として女性としてどの様に年を重ねようか、そんなことを考えるきっかけを下さる川崎さんはクールでチャーミング。 13 みなさまにご紹介したい方です。shirasagi / 白鷺美術ならではの空気感、昼間と夜間の展示時間 。夜はワイングラスを片手に 。秋の夜 長 の 9日間です。お出かけくださいませ。藤田圭子
*********************************************************************************************
11月17日(日)
・opening party
17時からフィンガーフードとウェルカムドリンクを ご用意してお待ちいたしております。
food:小津 絢子氏
イギリスでのコックとしての経験の後、国内での活動を経て現在はベジタリアンカフェTASTE&SCENTのシェフを務めている。
・talk & response
“若きは麗し、老いたるはなお麗し”
川崎淳与 × 藤田圭子
ギャルリーワッツ(東京 南青山)のオーナー川崎淳与氏をお迎えして、藤田圭子とフリートークセッションを行います 。
*********************************************************************************************
keiko fujita artist

37歳からモノ作りの世界に入る。先ず学んだ九谷焼制作の過程でジュエリーを手掛けた事をきっかけに素材を模索し、2 0 1 1 年より工業製品のタグピンを昇華させたコンテンポラリージュエリーdodoシリーズを発表。チープな素材から上質さを表現する事を追求している。 http://www.keicofujita.com

川崎淳与

photo:森恒河

ラッピングアドバイザーを経て、 工芸の企画・プロデュースを手がけたのち 、1 9 9 8 年 に南青山に「ギャルリーワッツ」をオープン。心豊かに暮らすことをコンセプトに国内外の作家問わず、幅広いジャンルで企画展を行っている。http: //www.wa2.jp

 

主催:藤田圭子
協力:白鷺美術