スケジュール

mama!milk Trio Roundabout 富山公演

mama!milk Trio Roundabout 富山公演

日程:7月20日(土)
会場:旧宮崎酒造(富山県滑川市)
mama!milk Trio Roundabout
生駒祐子:アコーディオン
曽我大穂:フルート、テープレコーダー、etc….
清水恒輔:コントラバス
開場/開演:18時/19時
チケット:予約/当日 3,500/4,000円 ※両日共通6,000円
Food:くりこども飯店

*************************************************************************************

沈みゆく夜の帳の美しい時節、 アコーディオン奏者の生駒祐子、コントラバス奏者の清水恒輔のデュオ「mama!milk」に、 多楽器奏者の曽我大穂(CINEMA dub MONKS、仕立て屋のサーカス)を迎えた「Trio Roundabout」による演奏会を開催します。
20日(土)は富山県滑川市にある、 明治時代に建てられた広大な敷地を持つ元酒蔵「旧宮崎酒造」、翌 21日(日)は 金沢市武蔵ヶ辻 にある、日本を代表する建築家 村野藤吾が設計した建物内のギャラリー「金沢アートグミ」で 行 います。
長年親交のあった曽我大穂と近年はツアー等を交えて研鑽を重ねてきた mama!milk。 今回、両会場の趣ある広い空間で、サイトスペシフィックな演奏に定評 がある3 人の新たな表現が一層魅力ある光景を生み出します。
富山と金沢での情趣ある両会場での夏の二夜、mama!milk Trio Roundabout による演奏を共に愉しんでいただけましたなら幸いです。 ご来場心よりお 待ちしております。

*************************************************************************************

[mama!milk] 清水恒輔、生駒祐子によるユニット。1999年 1st. アルバム発表以降、折々に多様なアンサンブルを編成しながら 自由に音楽を紡ぎ、ワルツやタンゴ、クラシックや実験音楽などを叙情豊かに行き交う楽想は「Japanese New Exotica」、あるいは 「旅へいざなう音楽」とも称される。近年は、相次ぎ発表した作品―アナログテープ録音をレコード盤にした「Fragrance of Notes」、 海辺の廃墟でのフィールドレコーディングによる「Q u i e t u d e 」、吹奏楽編成の「 P a r a d e 」、製本工場跡でのセッション音源「 N u d e 」が 国内外で話題となる中、作曲・生演奏・滞在制作を通して、〈巽勇太/白鷺美術〈〉阿部海太郎〉とサイレント映画「メトロポリス」伴 奏付上映会の音楽・装置を担当する他、白井晃演出舞台、塩田千春展、前川秀樹展等、舞台作品や美術作品のサウンドトラックに深く関わっている。また、旅の上で〈曽我大穂〉とバルセロナや沖縄のギャラリーで〈、Gak Sato〉とミラノのスフォルツェスコ城で、 〈Tuulikki Bartosik〉とエストニアの納屋などで共演するなど、世界各地の趣深い場での演奏会も好評を博している。http://www.mamamilk.net

[生駒祐子]Yuko Ikoma, accordion
アコーディオン奏者。幼少より足踏みオルガンや手廻しオルゴールなどのトイ 楽器に、吹奏楽部では打楽器にも親し み、近年は各地での演奏を重ねながら、 作曲・滞在制作を通して「absen(t さわ ひらき)」「Platte(r 同上)」「yang tree(藤本隆行)」「竹田音楽(olectronica)」等の美術作品や舞台音楽の音楽も担当している。

[清水恒輔]Kosuke Shimizu, contrabass
9 0 年 代 よ り 実 験 音 楽 、イン プ ロ ビ ゼ ー ション、コンテンポラリーダンスなど様々 な現場を自由に行き交いながら数々 のバンドのボトムを支える。近年はコン トラバス奏者として様々なプロジェクト に 、2 0 1 9 年 よ り “ E G O – W R A P P I N ’ ” に ベーシストとして参加。また、曽我大穂 や、ピアニスト・林正樹を迎えた、初と なるソロアルバムも密やかに制作中。

[曽我大穂]Daiho Soga,flute tape-recorder etc.
音楽家。ハーモニカ、フルート、カバキー ニョ、テープレコーダーをはじめとする多 楽器奏者。映像などを使い1本の映画の ような物語性の高いライヴを展開し続 け る シ ネ マ テ ィッ ク・バ ン ド「 C I N E M A dub MONKS」を率いる。2014年より ファッションデザイナー・スズキタカユキ と、照明作家・渡辺敬之との舞台グルー プ「仕立て屋のサーカス」をスタート。そ の他、ハナレグミ、二階堂和美、原田郁子 など様々なミュージシャンのライブサポー トやレコーディングの活動でも知られる。https://www.circodesastre.com/http://www.cinemadubmonks.jp/
Photo: MasashiNoda
*************************************************************************************

[旧宮崎酒造]国登録有形文化財
「店舗兼主屋「」麹蔵「」酒蔵「」衣装蔵」の4棟からなる。 酒造を始めた旧家、宮崎家は薬売りで財をなし、弘化 年間(1844~48年)以降は養照寺と交代で本陣を務 めました。現在の主屋は慶応2(1866)年の大火後の 再建とされ、2007 年まで酒や家庭薬の製造、販売を営 む。店舗兼主屋には幅3間ものトオリニワがあり、そ の突き当たりには3棟の蔵が並んで、往時の繁栄ぶ りをしのばせている。

滑川市は古くは16 世紀初頭から北国街道加賀藩の 宿場町として人の往来や物資の流通で賑わいまし た。特に瀬羽町、大町、荒町に古い家並みが見られ、 その中で中心的建物である旧宮崎酒造は、現在 カフェも併設され、また広大なスペースと情緒ある 建物を生かし、骨董市や演奏会等の様々なイベント も行われています。富山県滑川市瀬羽町1660

*地図中のPのマークに駐車していただけます。

*************************************************************************************

[ メール予約 ] info@shirasagi-art.net

1. 件名「7/20もしくは7/21演奏会 予約」共通の場合は「共通」
2. 氏名(代表者のお名前、読みがなをカタカナフルネームにて)
3. 電話番号
4. 人数上記を明記の上、演奏会前日の7月19日(金)、7月20日(土)23時までに お申込み下さい。 お申込みメール受信後、数日以内に受信受付のメールをお送りします。
*メール受信設定などドメイン指定をされている方はご確認をお願いいたします。
*会場受付にて料金をお支払い頂いての入場となります。
*お席に限りがございますので、お早めのご予約、お申し込みをお薦めいたします。
白鷺美術 (090-2090-4944)

 共 催:白鷺美術、No.11511 協 力:stompdesign、スヰヘイ 後援:NPO法人 滑川宿まちなみ保存と活用の会