スケジュール

「木洩れ日の消息」津田貴司 音のインスタレーション展

「木洩れ日の消息」音のインスタレーション展

作家:津田貴司
期間:2018年9月4日(火)〜17日(月祝)
会場:shirasagi/白鷺美術 2F
時間:20時〜24時 *期間内の土日と最終日の17日(月祝)のみ13時〜18時もオープン

津田貴司ワークショップ『みみをすます in 金沢』

日時:2018年9月17日(月祝)14:00〜17:00ごろ
集合場所:shirasagi/白鷺美術
参加費:1500円
定員:20名

9月17日(月祝)のワークショップ『みみをすます in 金沢』がご予約満席となりました。
沢山のお申し込み、誠にありがとうございました。

******************************************************************************************************

樹々の葉のあいだから点々と足元に落ちる陽の光のように、
空間に生じては また消えてゆく音々が、
互いに重なり合い、その場の環境音とも呼応しながら、
刻々と移り変わってゆく。

津田貴司
サウンドアーティスト。ソロ名義hofliとしてフィールドレコーディングに基づいた音楽活動を展開。津田貴司としてサウンド・インスタレーションを発表するほか、ワークショップ「みみをすます」シリーズを継続。また音楽批評・福島恵一とともにリスニング・イベント『松籟夜話』のナビゲーターをつとめる。主なCD作品は『湿度計』『雑木林と流星群』『十二ヶ月のフラジャイル』など。2017年にはFederico Durandとのコラボレーション『Niebla y jardines tomados por las plantas』をSPEKKよりリリースした。2016年リリースした『木漏れ日の消息』を「音のインスタレーション」として発展させ、2017年春より淡路島、東京・清澄白河、尾道と巡回。今回はさらに発展させたバージョンとなります。
******************************************************************************************************

津田貴司ワークショップ『みみをすます in 金沢』 9月17日(月祝)14:00より

◎初秋の金沢で、耳のピクニックに出かけてみませんか?
◎簡単なガイダンスの後、2時間程度ゆっくり歩きながら行います。いつもの散歩道も、注意してみみをすますと、驚くほど豊かな音の風景が広がります。「音を聴く」ことから始めて、「静けさを聴く」「みみをすます」という3つの意識状態をガイドする予定です。
◎どなたでもご参加いただけますが、野外でのワークショップですので、各自で水筒や防寒具、雨具等のご用意をお願いいたします。スニーカーなど、歩きやすい服装でご参加ください。 (集合後すぐに移動しますので、集合時間に遅れないようご注意ください)
◎ワークショップ後shirasagiに戻り、WSの体験について、また展示中のインスタレーション『木漏れ日の消息』についての歓談を行います。各自ドリンクのご注文をお願いします。

ご予約・お問い合わせ
[メール予約] 白鷺美術(076-231-4550/090-2090-4944)

E-mail予約【info@shirasagi-art.net】
1.件名「9月17日予約」
2.氏名(代表者のお名前、読みがなをカタカナフルネームにて)3.電話番号 4.人数

上記を明記の上、9月16日(日)、23時までにお申し込み下さい。
お申し込みメール受信後、数日以内に受信受付のメールをお送りします。

*メール受信設定など、ドメイン指定をされている方は、ご確認をお願いいたします。
*会場にて、料金をお支払い頂いてのご参加となります。
*20名様限定となっておりますので、お早めのご予約、お申し込みをお勧め致します。

【主催】PNdB-atelier 【協力】白鷺美術