スケジュール

「労働の表象」 Alfred Cale 個展

al_hp

労働の表象
Representation of the labor

Alfred Cale 個展
2014年8月2日(土)〜8月31日(日)

会場:shirasagi/白鷺美術 2F
時間:13時〜18時(土,日)
20時〜24時(定休月曜)

1階では昼間は喫茶、夜間はバー営業を致します。
(喫茶営業は期間内、土日のみ)

 

alfred_back_hp

・Alfred Cale / アルフレッド ケイル

日常にある光景、事象を作品のテーマとして制作する。
今回の展示では、実際に使われた道具、資材、廃材等を用いてオブジェを制作、
インスタレーションとして展開する。労働についての内省的な意味、意識を問う。

表象(ひょうしょう)
「象徴、観念、イデア」の意を持ち、感覚を要素とする心的複合体。
意識の中の過去の印象の再現されるもの。ある対象を意味、指向する意識内容。
(広辞苑より参照)

会期中の土日の昼間、会場1階では喫茶営業を致します。
コーヒー、紅茶等の飲み物、手作りのケーキの用意がございます。
どうぞご利用下さいませ。